11/27(土)19:00~『オタク大賞R9 キャラクターモデル30年史』

101125a

■まいどどうもーヽ(‘A`)ノ
さて、既報のとおり今週土曜日11/27は夜、新宿の
『LOFT PLUS ONE』で開催される『オタク大賞R』
出演のため、模型塾は1&2コマ目までの早上がりになります。

「オタク大賞R9」
 テーマ:センムが斬る! 
     実録・キャラクターモデル30年史~その光と影

 日時:2010年11月27日(土)
  OPEN18:00/START19:00

 司会:藤津亮太
 出演:宮脇センム・古賀学・東海村原八

 場所:新宿ロフトプラスワン
  新宿区歌舞伎町1-14-7林ビルB2 TEL 03-3205-6864
  前売¥2000/当日¥2300(共に飲食代別)
  ※前売券は10/30よりローソンチケットにて発売中。
  【Lコード:33923】

■年に1回開催でその年のオタク出来事全体を総括する
『オタク大賞』本編(スタッフの間では”本賞”と呼ばれてます)
に対して年に4回、四半期ごとに開催のサブセット版が
『オタク大賞R』。3カ月分のニュースに加えて毎回
ワンテーマに絞り込んだゲストトークを立てて、本賞よりも
一段ディープに掘り下げていっているんですが、今回は
『キャラクターモデル30年史』

■一番最初は夏頃に『そろそろ”ガンプラ”でやりたいんですよ』
という話がありまして……ただ、そのとき押さえていた日程が
見事にワンフェスの1週間前。もちろんオタク大賞のお客さんに
占めるディーラー参加してる人の割り合いはそこまで高いわけ
ではないんですけど、もうこの先回ってこないかもしれない
ガンプラ特集を一番見たいであろう濃い人達が来れない週に
もってくるのは、さすがにちょっともったいない……ということで
順番を入れ替えてこの時期になった曰くつきの回です。

■で、折よく今年はガンプラ生誕30周年ということで
公式にもいろんな企画や雑誌特集も多々。ただ、”公式”には
どうしても”公式としての”制約もあって、そこからこぼれ落ちる
内容も多いのと、正史ではとりあげられない、競合他社や
社会状況との相互作用こそが面白いんじゃないか?
~ということで、

『ガンプラそのものはもちろん、そこを軸にした周辺状況
 こそを、オタク大賞的な”一周半ねじまがった愛情”
 で楽しもう』

~ということで”キャラクターモデル”と一段広いくくりに
なりました。あわせてゲストの方もひねり技で、
”あえて”の、海洋堂・宮脇センム。

■ガンプラブーム当時に商品を売りまくった巨大小売店
海洋堂のおにいちゃんとして流通サイドの目線で、
ガレージキットブーム以降はガンプラの商売敵として
ライバル目線でこの30年の光と影を語ってもらおうと
思ってます。

■もうひとりのゲストはペッパーショップ・古賀学氏。
『G20』誌や『ガンダムうらない』『masterpeace』
等でガンダムと関わるデザイナー&企画関係者という一面
もありつつ、今回はちょい若い世代代表。
私がガンプラ直撃世代、センムがその上、プレ・ガンプラ世代
に対して、ポスト・ガンプラ世代ということで……。

■~と、ここでは企画の経緯(&変な方に曲がっていったっぷり)
を述べてるもんでガンプラガンプラ言ってますが、
結果的には”光と影”という軸と、あとビジュアル素材の
仕込み担当のくまキングさんのセンス(笑)でもって
むしろ”ソレジャナイ”サイドにブレるとも思いますが
まあ”正史”はちゃんとした人達がまとめてますから
いいよねぇ……(‘A`)

■そんなこんなで久々の立体・模型フィーチャー回になる
2009.4.11オタク大賞R3 浅井真紀特集~以来?)
『オタク大賞R9』、多数のご参加お待ちしております。ヽ(‘A`)ノ

■画像は先日ひょんなことから発掘した海洋堂
1/20パワードスーツの雑誌用改造作例。試作用の
レジンパーツを基にハッチオープンの固定モデルで
仕上げてます。せっかくの機会んあので以前の
ヤマトみたいにひな壇のにぎやかしで
持っていきますね。

One Comment
  1. ■~ということで、今週もそろそろ出発しますー。
    ■模型塾→オタク大賞~と参加のみなさま、またよろしくお願いします。ヽ('A`)ノ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です