ENVIRONMENT WEEKLY vol.26 1998.06.05

環境新聞 26号
1998年6月05日(木)

BACK! MODEL KINGDUM top page
模型の王国/目次までもどります

特集:ロボゲー2000

■ども。うわー、とーとー1月も間があいちゃいました『環境新聞』。今回はちょっと前にちょろっと触れました夏のイベント用のネタ『ロボゲー2000』の大盛り全部入りです。

■一部の方はご存知のとーり紙時代の環境新聞やら安達大将の本『PIECE MAKER'S』とかでもちょろちょろやってました(いわゆる)オリジナルのロボットモノ『ロボットのある風景/The Archtectual Landscape』の焼き直し版ですな。紙モノやらではちょこちょこ書いてはいたんですが、なんとなく模型にはなんないまま今日まで過ごしてきました。

■それをよーやく『作ってみるかー、ひとつー!(瀧)』てなったのはなによりも『電磁計画』御中の『侵略ロボ』の存在に他なりません!時事ネタを織り交ぜて言うなら『インドがやるんならパキスタンもやる!』って心意気でしょーか(笑)



■ほいで今回ちと階層深め&構造ややこしめなんでちょっと覚悟よろしく。


story1:『ロボットのある風景/The Archtectual Landscape』
舞台は現代。主人公『古御角 奈夕(こみかど なゆ)』のもとに海外赴任中の兄から無骨な携帯電話が送られてくるところから物語ははじまる。時を同じくして東京近郊で多発する大規模な地盤の陥没事故。

そして、深夜の地下鉄で巨大なドリル型のロボットに襲われる奈夕。その時携帯にかかってくる合成音声。指示通りに逃げ込んだ最前部の車両を引きちぎり持ち上げたのは高層ビルほどもある鋼鉄の巨人『ランドスケープ』だった。
story2:蘭宮
武装都市国家『蘭宮』。人工数十万の都市国家の命運はたった1機の巨大ロボットに委ねられている。この時代、競って建造された各都市のロボットが互いに戦い、敗れた方の都市は解体されていく。逆にその都市国家はそのすべてがロボットのために存在するのだ。

トウテツ。蘭宮が竣工させたこのロボットにはじめて取り入れられた人間の精神を使用するシステム。そのために選ばれた剣士『十三妹(しいさんめい)』彼女の苛烈な戦いが今はじまる。
story3:絶対兵器(仮題)
『絶対戦力構想/ Idear Power Inisiativ』。戦略爆撃の成立以来、国家間の戦争がお互いの市民を人質にとりあう事となり、その果てに兵器は単なる殺戮装置となり下がった。それに異を唱える勢力によって計画された『何者にも破壊されない純粋な戦力』。

構想の具体化『ジオグラフィ級格闘戦艦』の2番艦『ランドスケープ』の計画主査『ドクター・ブルーシール』はこのプランをめぐる陰謀にいつしか巻き込まれていく……。
story4:イノセント(仮題)
漆黒の宇宙空間に屹立する巨大な角柱。その先端にしつらえられた玉座には鋼鉄の巨人が座している。生の息吹の感じられないその巨人の額でちいさくともる明かりがあった。

透明なシリンダーが開く。飛沫が無重力の中で珠になる。手足を機械にからめとられた少女がゆっくりと瞳を見開く。記憶は、無い.。
story5:私立二千学園高校 巨大ロボット部
私、堤野つくし!2998年4月、私立二千学園高校に入学しました。友達のきよみちゃんに誘われるままにはいったのはなんと『巨大ロボ部』それもなんだかツブれかけの……(cv:菊池志穂)









■てな感じのストーリーを5パターンほど用意してみました。それぞれのジャンプ先にはネタバレ(?)が待ってますが、ゆっくりごらんください。

■ほいでロボの方は各ストーリー共通のキャラクターシートがこちらに用意してありますー。たいした描き込みじゃあないんですが、線画だとやっぱしWEBの解像度だときびしいや。ストーリーのトコの鉛筆画もガヒガヒになってますが、まあしょーがないですねー。

■そーそー、ほいでこの辺のロボの総称ですが、それこそ『侵略ロボ』みたくバシっと決まったのが思いついてません。でもほっとくと『原八ロボ』(うわ!)とか呼ばれかねないので無理矢理『2000ロボ』(にせんろぼ)とゆーふーにしますー。だからイベントとかで『2000ロボどーなりました?え、結局出来てないの!?弱え〜!』とかゆーふーに使ってください(笑)



■ランドスケープ/ LANDCSCAPE mod.713
■トルメントーゾ /tormentoze
■オーバーキャスト /OVERCAST mod.311
■テシトレインボウ /TESIT RAINBOW
■メトロ /METRO system 9
■グラスマシーン /GRASS machine
■ファイアークラッカー /FIRE CRACKER GCC12
■リグ /Vertebral rig x-755

■てな感じでごちゃごちゃしてます。逆キャラクターシステムとでも言いますか、ロボを各ストーリーで共有してます。特に主役ロボにいたってはなんかモテモテ(笑)。

■で、ですねえ、今回こんな風に重層的になってるのは奇をてらったってのもあるんですが(笑)お話をどーしよーかと、いくら考えても『どっかで見た』もしくは『自分がたまたま知らないだけで、どー考えてもどこかで、誰かがやってそー』になるですよ。そいでいつまでたってもいいのが出ない、それだったら、もおヤケくそで全部並列に出しちゃえ!って事です。

■だから、このストーリー達は1機のロボをめぐる、実はひとつのお話としてつながってるサーガ……なんかじゃあ全然なくて、数撃ちゃあたるとばかりにバラで出された企画書の束だと思っていただければ幸い。で、見るあなたの方で気に入ったお話があったら適当に膨らませていただければいーんじゃないかと。もちろん『1個だけ選んで、他のは無かった事に…』って排他的選択じゃあなくって、奈夕さんの世界もつくしちゃんの世界も平行して妄想して楽しんでもらっても全然O.K.でーす。

■あと、一瞬、5つの話で投票してもらって……なんてのも考えたんですが、難しい奴になっちゃったらたいへんなので(笑)止しときますねー。あ、でも感想とかあったらメールください。







今回もちょっとお休み。『時事ネタ-X』さすがによれよれです。あ、あと全然模型の話してないや。







このころの出来事
1998.04.29-1998.06.05


■セガの新しいゲーム機
もお、どっかツッこんだものやら…って思ったんですが、さんざんっぱらみんなが言ってるんで1コだけ。
『うず、巻きすぎじゃない?』(ふかわ/今さら)


海洋堂のときめき新作
香川さんの新しい館林。広告のあーゆー書き方(口元の表現うんぬん)ってのもあって世間的にはやっぱし『顔』に意識が集中しちゃうんでしょーが、オイら的には顔ってわりとどーでもよくって(ええっ!)むしろこお『モノガタリありげ』つーか、なんか冬季限定ビールのCM(BGMはカズン/笑)って感じが超好きー&やられたーです。

■ラジーオ。
今期のアクロス(J-WAVE平日深夜25:00からの枠。まあオールナイト・ニッポンみたいなもんだ)はAMっぽいっちゃーAMっぽいっすが、けっこーいーです。月曜のホフ・ディランの『ラーメン刑事(デカ)』とかも捨てがたいんですが、即死なのは火曜のMISIA。なんか声もしゃべりも必要以上に、なんつーかこー、ビバップの女の子(not 大声優)みたいっぽいです。今年地方から出てきたらしく都内の地名が全然読めないってのもいとおしいです。

■テレービ。

大森ちきい太のススメで『サイバー美少女 テロメア』見たよ。奴いわく『オタクが作ったナイトヘッド。でも三輪ひとみがイイ!』ほんとだー。あと黄色い制服もいーじゃん!

■インターネット・リンク
リンクをはっていただきました『小原模型工房』様.。http://www1.odn.ne.jp/~cab35580/カーモデル中心のサイトですがTopicsにあるフジミ/マッドポリスシリーズ『ビーナス』がなにげにピリリと面白いです。





■次号予告:全然考えてませんですー。さすがに次は軽いめがいーなー。
BACK! MODEL KINGDUM top page
模型の王国/目次までもどります


BACK! ASAHI-NET member's home page
ASAHI-NET 会員ホームページにもどります